« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月25日 (日)

3種ワクチン

oka-santo 明日25日、台風が来るらしいので今日24日一日早く、仔猫ズに3種ワクチンをしにS動物病院に行きました。仔猫ズはこれが生まれて初めてのお出かけ。行き先が動物病院なのがちょっと・・ですがこれもまあしょうがないでしょう。普段から猫キャリーで遊んでいるのでなんの疑いもなく入ったところで外に連れ出されました。母猫いろはは昼寝中ぐーぐー。帰ってくるまで寝ていたようです。をーい、お母さん、そんなに警戒心がなくていいのかい?

無事、動物病院で体温計測、注射、体重測定をしました。二匹とも暴れずにおとなしくいい子でした。体重が女の子が940グラム、男の子が900グラムと逆転していてびっくりしました。ここのところ、キッチン秤がもう小さすぎてうまく体重が測れなかったのです。3キロくらいまで細かく測れる秤があるといいのですが、どなたか知りませんか?2キロを超えれば人間の体重計に一緒に乗って後で差し引くこともできるのですが。

さて、注射の後は安静。二匹ともなんともなく元気でした。ほっ。でも、精神的には疲れたみたいでいろはママのそばでくっついて寝てます。最近は離乳が進み、猫缶(仔猫母猫用)となまりぶしをたくさん食べます。おかげでいろはママのおっぱいもしぼみつつあるのですが、なにかあるとおっぱいのそばが安心みたいです。ちなみにトイレトレーニングも順調。仔猫ズ二匹ともトイレは上手です。

gohan

4匹の食事風景です。猫密度高し。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水)

猫雌社会の”はるか姫”の位置

haru haru-miu-puni 我が家での一番人気ははるちゃんである。

お客さん受けが一番いいのもはるはる。

It's paradiseさまが猫シッターに来てくださった時も玄関まで迎えに出るのがはるか。

仔猫ズのあたち、ぼくに大人気なはるはる。はるちゃんは面倒見がよく、遊び上手なのである。しっぽで床をリズムよく叩いたり、二本足で横跳びするネコサル踊りも得意。仔猫ズははるちゃんの真似をします。写真も好き、面白いポーズも取ってくれる。ボタン猫でボタン状のものを見つけると手で触れたり、転がしたりと好奇心旺盛。遊んでくれる人は決して見逃さない。

これでお客様に受けないはずがない。しかも、はるちゃんはいろは姉さんの面倒さえ見る。

上の写真の真ん中がはるはる。いろはの萎みつつあるおっぱいをやさしくなめ、かつ尻尾でジュンジュンをあやす我が家のアイドル。下の写真は仔猫ズをなめてやるはる坊。仔猫ズもはるちゃんが大好き。

しかし、はるちゃんは偏食家で猫缶詰は食べない。カリカリも好みがしっかりしていて大きめの三角のが好き。なまりぶしは好きだが、少しだけ食べて顔を洗って満足している。雄猫の好みも厳密そう・・。(大地くんとのお見合いも気に入らなかったみたいだし・・)

初めはこのちょびっと残すくせは、いろはに遠慮しているのかと思っていたのですが、そうでもないみたいです。”い”氏は、このちょっぴり残す癖を上納金と言っていろはの権勢におもねているかと言っていたのですが、はるかはあきらかに自分が上位の”このは”ちゃんにも残してやるし、”ジュンジュン”にも譲ってやってます。お姫様なんですねえ。

「わらわはもう満足じゃ、そちたちも召せ」って感じかも・・。

雌猫社会のこのちょびっと残しの習慣、子育て期の1週間めには重要かもしれないです。胎盤を食べてじっとしている2日間はともかくその後の数日はおっぱいをやりながら餌を捕るのは至難の業。実際、いろはもこの期間ははるかのちょびっと残しの恩恵を受けていました。

うちでの姉妹での上位は実は小柄なはるちゃんなのでは?と思うこの頃・・雄猫の順位と雌社会での付き合いは基準が違うみたいです。

| | コメント (0)

小猫の瞳 子猫の夢

puni oyako1 どうかその眼を閉じないで

私が眠りに落ちるまで

るうり るうら

ゆられていくよ

今生は甘く・・

予感は苦く・・

過去は切なく・・・

マーブル模様に広がっていくよ

あなたとお話したいって

その瞳がのぞきこんでいる

るうり るうら

不思議な夢に

解けこんでゆく

| | コメント (0)

マジックいろは

marker_iroha1 マジックペンで3分で描くアメショーの模様

marker_iroha2

モデル いろは

ワインを飲みながら、ちらしの裏に描いているので

細かいことはご容赦を・・。

| | コメント (0)

2005年9月19日 (月)

 ぼくは”ジュンジュン”

今日、横浜から”ぼく”を引き取りたいというご夫妻がみえました。去年まで16年間ずっとアメショーを飼っていたそうです。。写真を見せていただきました。その猫”ジュン”くんはうちの”ぼく”によく似ています。白いむくむくマズルと太くて白っぽい手でした。

puni-manekineko

写真は”ぼく”の招き猫の手。白くてむくむく。

きっとこれもご縁なんでしょう。

可愛がって頂けるおうちに決まってよかったです。

名前はジュンジュンくんになるそうです。

puni-2 もう一枚。おすまししてます。

miu-1

女の子の”このは”ちゃん。やんちゃです。

miu-2

このはちゃん、お気に入りのオモチャでジャレています。

sitei

兄妹というか姉弟というか・・・もうしばらくの間、二匹の遊びの時間を大事にさせてくださいね。

oyakoneko

母子です。いまのうちによ~く甘えておいてね。

haru

はるちゃん。

キャットタワーの一番上からすべてを見下ろしてます。

何を思っているのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

シルバータビーの模様の研究

amesyo1

仔猫ズは

このはちゃんが800グラム

男の子は830グラムになりました。

スケッチはアメショーの模様を簡潔に描くのにどうすればよいかをちょっと研究してます。

前に誰にでも描ける”アメショーの背中絵描き歌”というのを開発したのですが、”い”氏にはえらく不評でした。結構、いけるかと思ってたんですが・・。

amesyo2

貰い手さんが決まってしまうかと思うと、わかっていたはずなのに、どーにも何かを置き忘れてしまうような心の空っぽさが感じられます。たった1ヶ月半前に生まれてきたばかりなのにね。うちでは4匹は無理なのもわかっているし、良い方に育てて頂ければと思うのですが、もーこれ以上大きくならないでー。時間を止めていてー。という感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月15日 (木)

あたちは”このは”ちゃん

一昨日の火曜日の夜、3人のお客様があり、女の子のお迎えが決まりそうです。

まだ完全に乳離れしてませんし、母猫の免疫が切れる2ヶ月すぎを見計らってワクチンをします。トイレトレーニングも完璧に終わってからお渡しすることになりそうです。いろはお母さんの母性ホルモンがまだまだ全開なので子離れ母離れが進むまでもうすこし待ってくださいね。

女の子名前は”このは”ちゃんに決まりそうです。可愛い名前です。可愛がって頂いて大事にしていただければ、いろはる家としてはもう十分すぎるほどです。

konoha

よろしくお願いします。

写真は、

見返り美猫 このはちゃん。

| | コメント (0)

胸キュンホルモン オキシトシン

私はホルモンの専門家ではないので勝手に言ってますが、”かわゆーい”ものに出会って胸がきゅんとしてしまい、どーにもこーにもならなくなる状況というのは、どうして起きるんでしょうね。仔猫ズの顔もそうだけど、ペンギンの仔の顔のデザインも凶悪に可愛い・・。

自然界のデザインには無駄なものは何一つないので、これは長年かかって作られてきた仕組まれた顔だと思います。

どーっして、こーんなっに、かわゆ~~いのよぉぉぉぉおおお・・。

という時には、絶対、脳下垂体からホルモンががんがん分泌されてますな。

オキシトシンは視床下部にも下垂体後葉にも常時存在しています。もちろん乳汁を搾り出す効果のあるホルモンですが、脳内の結構いろいろな場所で発見されており、未婚の女性にも男性の脳内にもあります。そしてこれは非常に起源の古い物質らしく爬虫類にもバゾプレッシンという分子構造のよく似たホルモン物質があるのです。バゾプレッシンの方は抗利尿作用によって体液バランス調節に重要な働きをするホルモンということなのですが、これはなんというか、体内水分の絞込みホルモンなんじゃないでしょうか?母乳が出なくても鳥の父母は卵を温め仔に餌を運びますから、爬虫類にもあるんですね。

こう、なんつうか、胸、腋、両腕の二の腕内側が締め付けられる”きゅぅーーー~~ん”という感覚はきっとオキシトシン全開です。うちで仔猫を見てくださった女性陣は全員壊滅状態、男性の年配の方も「か、可愛いものですねえ」若い男性も「お前っ、かっわいいなああ」っと感慨深げに目覚めてしまってマス。仔猫を生んでない未婚のはるちゃんもやられてしまっていると思いまする。

どうしてこの顔がそんなに胸キュンなのか、どんな視覚刺激が有効なのかについては描いて分析したいと思いますんで、視覚刺激が脳下垂体を活性化しホルモンを分泌させるまでの仕組みを誰か教えてほしいです。

puni2

写真は”ぼく”の悩殺の瞳と口元。

| | コメント (2)

はるちゃんはヘルパー?

puni 写真はタオルに甘える”ぼく”

チーターや大型猫(ヒョウ、ジャガー、ライオンなど)では、母親と母猫が以前産んだ大きくなった娘が母親から離れないで弟妹の世話を助けるというヘルパーになることがあります。

今回、はるかはいろはの同腹妹ですがヘルパーの役割をいろいろ果たしてくれました。

特に3週間め、いろはのお尻のお世話をしてくれたり、仔猫ズのお尻のお世話もしてくれました。あと、はるかの行動にも不思議なことがあり、仔猫におっぱいをあげる真似をしたり、両前肢で抱きしめて舐めながら、後ろ肢で猫キックしたりという「あそび」というか「可愛がり」をしたりします。5週めの今はすっかり良い遊び相手で、尻尾をぱたんぱたんしながら仔猫をあやしたり、追いかけっこのやり方を教えてたりしてくれてます。

こういう行動はどこから来ているんでしょうね。もちろん出産してないので乳汁分泌ホルモンであるプロラクチンは出てないのですが、私が思うにオキシトシンが全開なのでは・・?オキシトシンは子どもを生んでいなくても出ますし、哺乳類の雄にも、哺乳類以外にも似た構造のあるホルモンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母性という欲望 子という暴力

いろはお母さんは7月29日に出産したのでママになって6週間ほどたちました。その間の経緯について少し書いておきます。最初の週は生まれたばかりの黒い毛の生えたうごめく生命体におっぱいに吸い付かれているという感じで、暑い中冷房をかけてもらってひたすらじっとしてました。2日半は胎盤を食べたせいもあり、水を飲んだ以外はずっと黒毛の生命らの傍を離れませんでした。一週間ほどで3時間おきの授乳になり、すこし扇風機の前で涼んだり、水をのんだりできるようになりました。なめるのはもっぱらお尻のお世話のためという感じでしたね。10日すぎてやや眼が開いてくるとぎこちないながらも、どこをというのではないのだけど黒モグラ状のものの身体をなめてやっていました。

劇的な変化が起きたのは2週間めです。まず女の子の眼が開き、次いで男の子の眼もあきました。最初は見えてなかったようなのですが、徐々に見えるようになると、おっぱいの位置に的確に一発でやってきます。手探り、匂い探りだったのが、眼で見てお母さんのおっぱいとお母さんの眼の動きに反応するようになりました。こうなると、いろはも仔猫が急激に可愛くなったらしく、頭や背中をグルーミングするようにぺローンっとしてやるようになりました。母子らしくなったなあと感じたのもこの頃です。

hahako 3週目は仔猫たちの甘えがピークで、お母さんを見つける=おっぱいくれー!って感じでさらにおっぱいに吸い付きながら両前足で乳房周辺を二匹してふーみふみ、もーみもみです。おっぱい出せー、もっと出せーって感じです。この頃はもういろはの体力が限界、仔猫からやや逃げ回り、お腹を壊し、はるかに面倒を見てもらう状態でした。

ところが、4週目に驚くべきことに、今度はいろはの母性が超過してしまい、んーなごー、んーにゃごーと鳴きながら、仔猫たちを探して回ります。仔猫たちは逆にもういつもお腹がぱんぱんで、「もーいいよー、お母さん、今眠いのー、おっぱい今いらない」という感じでいろはから逃げ狭い隙間に隠れてしまったりします。いろははおっぱいが張って張ってしかたがないらしく、なんとか無理やり捕まえてなめ回し、お腹の下に入れようと苦心惨憺している有様・・。3週目とは母子関係が完全に逆転しました。いろはは仔猫の耳とか顔とかも丁寧になめてやってます。眼に入れても痛くないくらいの可愛がりようです。

hahako2

昔、大学生の頃、寮に入っていて友人らが生後3日めくらいの猫がガムテープ塞ぎのダンボール箱に入れられてゴミ捨て場に捨てられていて、必死でミウミウ鳴く声に気がついて拾って来たことを思い出します。ユミちゃんという友達が当時猫の仔育てに一番くわしく、寮監さんの許可をとって暖めたミルクとスポイトで栄養を、濡れテッシュでお尻のお世話をして3週間めの離乳まで苦労して育てました。(その後、貰い手さんも見つかりました。)

いろはのママ生活4週目は母性超過で獣医さんのテレビで仔猫の声がするだけで、「どこ、どこ?私のおっぱいを求めている仔猫はどこ?」っと「んにゃごー・・みぃー」と呼びながら探し回る始末でした。うう、タイムマシンがあって今のいろはを運べれば、あの時の仔猫の里親になってもらえたのにと思う始末。

おそらく、4週目の今、母猫の過剰な乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)乳汁搾り出しホルモン(オキシトシン)のおかげで、体重の少ない子供もここでいっぱいおっぱいにありついて成長できるんだと思います。

母性は本能というよりはホルモン。自然にバランスよく発揮されるかというと、そう簡単ではないです。自然は意外にアンバランス。ホルモンバランスはギリギリのところで調整されてます。

| | コメント (0)

2005年9月12日 (月)

眠 狂四郎

puni-2 ”ぼく”は眠 狂四郎に似てます。

九州で台風に閉じ込められた際、某九州放送で「眠 狂四郎 円月殺法」を見ました。

ちょっとねむたげで涼しげで、視線がさまよってて、それでいて悩ましげな眼です。見る者がちょっと催眠術にかかります。見た番組のタイトルも「悪女志願 美男剣」ですから・・・・って何を言いたいんだか・・。

女心悩殺です。うちのNo.1ホストですから・・・

・・なんて猫を俳優さんに似ているといっている時点でアウトですね。”ぼく”にはぜひ猫流円月殺法をマスターしてもらいたいものです。・・・って眠 狂四郎役の片岡孝夫さん、並びにファンの方、ごめんなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

帰ってきました。

miupuni 一週間ぶりに見るとさすがに100グラム増えているだけあって大きくなりました。puni

ぼくは耳が大きくなってます。猫らしくなりました。

miu あたちはますます敏捷に・・。

はるかの後にくっついて元気いっぱい。

今日から仕事です。行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土)

一日ごとに成長

050909_064001 050910_075001

仔猫たちは一日ごとに成長しているのに一週間も見られなくてほんとにさみしいです。

”い”さんが写メールで送ってくれた写真です。ぼくの額のハートマークがくっきり。

あたちは、もうキャットタワーの下の段に登って寝ているんですね。

明日、帰ります。いっぱい触っちゃうからね~。待っててねー。

| | コメント (2)

2005年9月 8日 (木)

禁断症状

050906_064201 ”い”氏が写メールで送ってくれた写真です。

ああ、猫ズたちに会いたいなあ。触りたいなあ。

050906_223601001

ミウちゃんが離乳を始めたそうです。

よりによって硬いカリカリから食べなくてもいいのですが・・。

050907_065101

ふにー

050908_070501

親子でご飯・・。

ところで九州はとんでもない嵐でした。結局、集中講義の初日は休講になってしまい、台風でどこにも行くことができず、文字通りホテルに缶詰でした。街路樹の枝が折れて揺れて、道行く人の傘が曲がっていくのを見ました。今回の台風は非常にゆっくりで大型でした。

今日は集中講義1限から5限でした。講義する方もたいへんですが、受ける学生の方も限界ですね。9時から5時すぎまでずーーーっと講義でした。

猫シッターのIt's paradiseさまにすっかり面倒を見ていただいています。ありがとうございます。

| | コメント (2)

2005年9月 5日 (月)

今日から一週間出張

やすくんは今日から一週間集中講義で出張です。よりによって台風の来ている九州。

なんとか飛行機は飛んだものの高度1万3000メートルで空気が薄くて苦しくなりました。結構ゆれたし。それでも無事に九州へ着くことはできました。

が、が、明日の講義は休講に決定・・。大嵐ですからホテルでビバークになりそうです。

しかも、その分明後日からは日程を詰めて夕方5限までやることに・・。これはきついです。とりあえず明日はゆっくり過ごして体力温存に勤めたいと思います。

猫ズ仔猫ズは、猫母神さまことIt's paradiseにキャットシッターをお願いしました。

やすくんはあのむくむくの仔猫ズに触れなくて禁断症状がでるかもしれません。

| | コメント (0)

2005年9月 2日 (金)

今日のスケッチブックから2

SK2

あたちの方も載せておきます。

あたちは純粋に猫として綺麗だと思う。特にいいなと思うのは、気品と艶があることです。いろはも立派な猫だけどこういうタイプの愛らしさはなかったです。毛並みの黒い部分が絹様の光沢があるのと眼と鼻、耳の比率が整っているんですね。それでいて精悍さ、敏捷さもあります。ほんのちょっと眼の下の毛に茶色が入っているのは曾祖父母のブルータビー譲りなんでしょうか・・。

| | コメント (0)

今日のスケッチブックから

20050902sk うちにいるのは皆アメショーなので猫シンクロができるくらいにはよく似ているんですが、それでもひと目で見分けられる個性がそれぞれにあります。模様もみんな違うし。

仔猫ズでいうと、

あたちはアメショー的に文句なしの美猫。

ぼくの方はおとぎの国の妖精みたいな雰囲気があります。スケッチはその辺を描いてみました。左右の耳がちょっと離れていて白っぽいムクムクのマズル(口のまわり)は、このままぬいぐるみにしたらいいんじゃないかと。ちょっと眠たげな瞳,まだキッツンブルーが不思議世界の住民です。額の白黒模様にハート型があるのもチャームポイント。(猫バカです。すいません・・。)

| | コメント (0)

2005年9月 1日 (木)

大昔の卒業制作

私はいわゆる”片付けられない女”である・・。正確にいうと、一度片付けたら二度と見つからないだけかもしれないが、とにかく整理とか管理とかいうものが大の苦手。私が画家としてやっていけないのはひとえに自分の作品の管理ができないから・・だと思う。

なんでこんなことを書いているかというと、月曜日から集中講義で1週間出張なのであるが、スライドと写真が見つからず、ずーっと探しても見つからず・・。そもそもプリントしようとビックカメラに出し、それを2ヶ月くらい忘れていて、いちろう氏に取ってきてもらって、それをさらにどこかに忘れてしまったのである。さすがの”い”さんもあきれているが、それでも写真は見つけ出してくれた。(さすが!!感謝感謝!!)

それでもうこの際、永久消滅するのが怖いのでここにアップしておこうと思います。

sk1

これは上野動物園のジャガー、メスのチップちゃんのスケッチ

sk2

オスはポテトくんという名前でした。

sk3

動物園に通いつめてスケッチをしていました。

周辺に書き込みがあるところが、今とぜんぜん変わってないですね。たはは。私は観察日記が好きです。

sk4

仔のジャガーが3匹いました。

名前はジャガ1,ジャガ2,ジャガ3

sk5

半年近く通いつめた11月頃、仔3匹は他の動物園に引き取られていき、いなくなってしまいました。

sk6

このスケッチ帳は紛失してしまったので、これは貴重な写真です。またこの写真を無くしてしまったりすると永久に無くなってしまうので、お眼汚しですがアップしておきます。

juag2

これらのスケッチを元に描いた卒業制作F120号です。

上の黒ジャガーは創造で描きました。背景の線路は高校時代総武線で通っていた時の印象から。

juag

卒業制作第2作 F150号です。

背景は新宿新都心。まだ都庁もないころでした。

センタービルと三角ビルが手前にあります。

奥の森は左が新宿御苑、右は代々木公園なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くすぐっちゃうぞ

miu

あたちの

肉球・・・・

puni

ぼくとあそぼ?

ああ、そんな眼で見ないで・・。

って、今朝だけで40枚近くデジカメ撮ってしまったよ。

遊んでないで仕事します・・。

| | コメント (2)

猫シンクロナイズ選手権

sinkuro-1

猫シンクロ、仔猫ズ部門 その1

sinkuro-2

仔猫ズ部門2 正面

sinkuro-3

猫ズ部門 代表

いろはる(左 はるか 右 いろは)

| | コメント (2)

トイレトレーニングOK

toire

ぼくもトイレできるようになったよ。

おしっこの後いっちょまえに砂かけしてます。

昨日8月31日 夜11:43

女の子:590グラム

男の子:610グラム

| | コメント (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »