« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月24日 (月)

猫も(人間も)ダイエット

iroha

今、恐れているのはいろはが秋のヒート(恋の季節)を迎えてしまうことです。

仔猫たちが離れたので、ダイエットを始めています。

しかし人間でも産後の体重が戻らないというのはよくある話。いろはも油断すると食欲旺盛、高カロリー食をねだります。

haruka はるかもできればこの秋は見送って、来年の春にしたいところです。

猫も人間もダイエット、適切に運動・・かな?

| | コメント (0)

スマキ猫

sumakineko1

ダンボールを丸めただけのものなのですが、はるちゃんは自ら入っていきます。

スマキされるのが大好き

sumakineko2

穴から手が釣れます。

| | コメント (2)

2005年10月21日 (金)

ジュンジュンくん近況

puni

ジュンジュンパパから画像をメールで頂きました。

可愛がられているようです。

嬉しいことです。

puni-3 しっかりした仔猫の顔になっています。

puni-2 やんちゃ盛りだそうです。

元気で大きく育ってください。

| | コメント (2)

2005年10月17日 (月)

このはちゃん近況

051016_08160001 このはの姉さんからこのはちゃんの近況写真を頂きました。

ありがとうございます。

元気で可愛がられているようで、嬉しい限りです。

水玉のキャットタワーいいですね。

| | コメント (2)

2005年10月14日 (金)

2度めの3種ワクチン

今日は紅さんが講演ということで午前中時間ができたので、このはちゃんをS動物病院に連れて行きました。2度目の3種混合ワクチンです。そろそろ母体の免疫が切れてくる時なのです。動物病院に着く時までミウミウ泣き続けでした。病院ではいいこでした。でも二度目なのでもう何をされるかわかっていて、なかなかキャリアバックから出てきません。熱を測って平熱。猫の体温は38度と高いですね。このはちゃんは9月24日には940グラムだったのですが、今日は1360グラムになっていました。この間の成長著し!

iroharu 平日の午前中で他にだれもいなかったので、獣医さんといろいろお話ができました。猫にとって、動物にとって何が幸せかとか、人間は動物に学ばねばならないことがたくさんある、とかね。命の別れがあるから、心に生き続けることができるし、最後の最後まで管につながれて苦しみ生きることが幸せだろうかとか、話はつきません。答えはないのですが、別れがあるから出会いがあるのも事実です。

miu-iroha 帰ってきたら、いろは、はるかがこのはちゃんのお尻をなめまわしていました。心配してたのね。

miu-iroha2 ママに甘えてます。

乳離れした今が一番良い頃とわかっていても

こういう仕草を見ると心を動かされますね。

miu-2

このはちゃん、大きく可愛い立派な猫になりました。

明日、旅立ちです。

| | コメント (3)

2005年10月13日 (木)

いろはの命婦(みょうぶ)

雌猫は謙譲の美徳を知っている?!

猫の雌社会の順位っておもしろいなあということを前にも書きましたが、なんか、いろはとは種族を超えた女同士の絆ができたなと思うこの頃。

はからずもいろはの出産を手伝って絶大な信頼を得たやすくん。今うちには雌猫が3匹いますが、関係を見ているとおもしろいです。雄猫同士の一直線の戦いと違って、すごーく間接的な手法をとるんですね、猫の女社会。はるちゃんは”このは”ちゃんにキャットタワーの一番上を譲ってあげている,でも尻尾で遊んであげる時は必ず優位に立つ。ご飯をねだりにくるのは責任を持っていろはが代表でやってくる。いろはとはるかは別の皿で順番に食べるが、小さい”このは”ちゃんはどっちの皿からも食べていいらしい。

お互いに目を真っ向から直接合わせることは決してはしない。常に横からするりんとやってくて、ちょっと目を伏せながらの上目遣い。ご飯をねだる時も、「ねーぇー、そろそろ小腹が空きませんこと~?いーえー、あたくしじゃなくこの小さな可愛い娘猫に差し上げてくださいな、どうぞお目をかけて気にかけてやってくださいな~」・・ゴロゴロ・・・みたいな感じ。でもって、はるかは「お姉さまから先に召し上がって、私は後で”このは”ちゃんと一緒に頂きます」みたい。でもって、このはちゃんは「あたちは今遊びにいちょがちいのよ、ママとおねえちゃん先に食べてて~」・・・・・で結局、いろは、はるか、このはの順で一斉に食事。

何やってんだ、お前たちはーっ!!、さっさと喰え~・・・・っとこの間接手法になかなか慣れなかったんですが、最近ようやくいろはるの考えていることがなんとなくつかめるようになりました。

平安貴族のお姫様か、お前たちは。

謙譲語は平安貴族の女性が娘に対して使った言葉だと思う。自分の御娘を帝(みかど)に差し上げると自分は娘より位が下位になるので、謙(へりくだ)った言葉を最初から御娘に使っておくんですね。でももちろん娘は母を敬愛し慕っているので、母には尊敬語を使うわけです。

従三位でしたっけ、人間でも頂くのが難しい位をもらった猫がいましたけど、なんとなく平安時代に猫が人気の動物だったのはわかるような気がします。

| | コメント (0)

秋の訪れ

日曜月曜と講演に呼ばれ一泊で札幌出張でした。札幌の親戚宅にも×十年ぶりくらいにお邪魔しました。前に伺ったのは大学生の時で従姉の結婚式の時でしたからずいぶんご無沙汰です。その前は小学生の時で伯父の結婚式でした。しかし、親戚というものはそういう古い記憶をよーっく覚えているものです。そのうちにも私とひとつ違いの従姉がいて4歳の娘さん(私のハトコですね)の七五三の写真を見せてくれました。

oyako-1 0yako-2 うちの箱入り娘、この土曜日に新しいおうちへご出立です。いろははおっぱいも萎んできてだいぶ身体が軽くなったのか、飛び回っています。

写真は”このは”ちゃんといろは。おっぱいあげるよりなめ回しが多くなりました。ペロペロ。

いろはるも2ヶ月くらいの時に我が家へ来たので、これでだいたい生まれてから大人の猫になるまでの成長を見たことになります。生まれて二週間めの頃がこーんなに小さかったのにーとか、いろはが”このは”ちゃんくらいだった時はああだった、こうだったとか、ほとんど親戚のオジさんオバさんと一緒ですね。ネコバカここに極まれり・・。でも、もうすぐ、養女に出しちゃうんだもん。可愛さヒトシオなのはしかたない。ネコは成長が早すぎるよぉ~(涙)去年の秋にはまだ、いろはるも仔猫だったのに・・・。

| | コメント (0)

2005年10月 7日 (金)

いろはる家の雑感

miu 今朝、紅さんが英文校閲に来てくれて、”しー、これを撮って、これ”っと英語で指差す先にあったもの。

猫マンションにぴったり入って眠る”このは”ちゃん。How lovely this is!

一昨日の夜、このはちゃんのオーナーさんが遊びに来てくださいまいした。来週の土曜日に引き取られる予定です。

イチジクにチーズとマシュマロを乗せてオーブンで焼いたデザートがお客様に好評なのでそのうちレシピ(というほどのものでもないけど)を書きますね。

昨日は一日、英語と格闘してなんとか論文の結果と考察まで行き着き、峠越えをしたようです。まだ、Introductionが書けてないけど。しかし、集中している時に猫に触られると、もうそれだけでヘナヘナと仕事への意欲が失われてしまふ。家で仕事するのは難しいです。

のまネコ関係のレスがついてますが、これはこのままにしておきます。著作権ではいろはる家内でも意見の相違をみることが多いです。日本人の著作権に対する感覚は欧米とは違うなあといつも感じています。

のまネコのルーマニア語のサイトに各国語のマイアヒがあったので時間ができたら、じっくり見て遊ぼうと思っていたのにな~。著作権の関係で見られなくなってしまっていました。私は基本的にパターン認識に強いので暗号解読が好きです。こういう各国語で同じ内容が書かれたものが面白いです~。英語は言語的にはあんまり好きじゃない。3ヶ月しか習ってませんが、ラテン語の活用が一番面白かったナ。現実にはあまりに役に立たないのでやめてしまいましたが。ラテン語の先生になる予定もないし。ハングルも一時期、解読に凝ったことがありました。(留学生に教えてもらった)

私はもってまわった言い回しが好きなので、日本語では謙譲語、フランス語の接続法が結構好きです。英語にこういう言い回しがないのが不満~・・ってそんなにできるわけじゃないんだからまず基礎をしっかりと言われそう~。

老後の楽しみには、アラブ語やサンスクリット語の不思議な記号をぜひやってみたいです。

でも、とりあえず英語~~遊んでないで英語~(泣)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

リクエスト

miu-noma-neko ”い”さんのリクエスト

のまネコのぬいぐるみと”このは”ちゃん

| | コメント (1)

2005年10月 2日 (日)

ジュンジュン巣立っていきました。

今日はジュンジュンが新しいおうちへ行く日です。

puni-1

生まれてから2ヶ月ちょっと、

ぷにちゃんと呼んでいた頃からあっという間でした。

puni-2

どこでもいっしょのトロのぬいぐるみとジュンジュンくん。

puni-3

トロ絶叫

きゃあああぁ、ジュンジュン、

カッコいいー 男の子だもーん(意味不明) oyako3

親子3匹での最後の写真です。

新しいパパママのおうちで元気で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

脳の壁(別名 恋のマイアヒ)

今朝から英語に苦しんでるやすくんに、”い”さんが変なフラッシュを見せ聞かせます。足には猫が触りに来るし・・。えーーん。

マイアヒー マイアホー マイアハー マイアハッハッ

最初から説明しましょう。昨日、ヨーロッパ人の紅さんが来てサボり気味の英語を校正してもらったのですが、夏休み中も今も猫にかまけていたのがバレまくり。英文の論文の締め切りにもう一ヶ月もないのです。そしてもっと苦手なDaily English(日常会話)。今日からインターネットのMSNのニュースサイトで興味のあるニュースビデオを一日5分見るようにと言われてしまったのでした。耳がね、英語に慣れるのに時間かかるんだもん。英語モードに入るのに数日かかって、年に1,2回しか国際学会にも行かないから英語モードに入った頃に日本に帰ってきちゃうし。普段、日本語で100パーセント生きているもん。あ、猫語が15パーセントくらい入っているかも。

さて、恋のマイアヒですが

http://blog.drecom.jp/tabinomatatabi/archive/208

に現物があります。

ルーマニアのO-ZONEというグループの歌に空耳の日本語のノマ猫のフラッシュがついたものです。でもって、原語のルーマニア語の歌詞を書いたものが下。

http://www.u-ks.sakura.ne.jp/flash/nm_maiahi.html

元の歌詞を見てしまうと、全然歌えなくなります。脳は2重原語を許さず。バカの壁ここにありという感じです。

あ、そういえば、紅さんというのも空耳モードで、ほんとの名前はAlbenaです。愛称がBeniなので紅さんと呼んでます。本人も気に入ってくれたので”有紅”という印鑑も作りました。彼女は日本語も少し話せます。”でしょ?”と”そっか”の使い方が上手。どこで覚えたんだ?

”がんばって!”と”がんばります”を英語で教えてもらいました。"Go for it!" "I'll do my best"だそうです。でも軍隊とかスポーツの人でないと使わないかもねと言ってました。

とにかくまあ、英語~ マイアヒ~

| | コメント (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »