« 下絵1 | トップページ | のれんを染めるの? »

2006年2月21日 (火)

下絵を写す

さて、膠引きし、胡粉を塗って出来上がった麻布キャンバスに下絵を写す。このために世界堂でチャコグラファイトペーパー189円(税込み)を買ってあったのだが、これがマッタク役に立たなかった。要するに鉛筆の粉のついているカーボン紙みたいなものなんだけど、上からなぞっても写らない。いや下が紙ならいいんだけど、自作キャンバスの肌理と相性が悪いのである。

うーん、6Bの鉛筆で下絵の裏を真っ黒に塗って写してみる。やっぱりダメ。

sitae1仕方なく フレスコ画などで行う、「星取り法」をやるべく、下絵にポツポツ穴を開けてみる。うーん、これでは大まかすぎる。漆喰に制作するフレスコならいいけど。せっかく細かく下絵を描いたのに台無しである。良くない!(怒ってどうする)。

sitae2

悩み、試行錯誤の末、結局、「上げ写し」をやった。日本画や絵巻に用いる技法である。写す方の紙を畳んだり丸めたりし、それを瞬間的に広げて、目に映る残像で下の絵に写していく。

やってみてわかったけど、これはやっぱり33cmくらいの幅だからやれるんであって、幅が大きいと丸めにくくてとても無理。油絵のキャンバスで制作していた時には考え付きもしなかった。下絵を写すという単純な方法にも日本画と油絵の様式が確固たる壁としてあることがよーくわかった。

|

« 下絵1 | トップページ | のれんを染めるの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126708/8769635

この記事へのトラックバック一覧です: 下絵を写す:

« 下絵1 | トップページ | のれんを染めるの? »