« いろはる姉妹 | トップページ | キャンバス作り その2 »

2006年2月14日 (火)

キャンバスを作る

覚書です。制作ノート

試験休みに入り少し時間ができたので、5月の個展の準備を始める。

昨日、吉祥寺のユザワヤへ行き、麻布を4種類買ってきた。

1:リネンカラーファブリック TY3041-02 メートル980円

2:麻100パーセント53600 AX01 メートル2079円

3:4240麻布 メートル1449円

4:麻布1870 メートル1024円

そもそも張りキャンを買えば済むのに何故キャンバスから作ろうとしているかというと、キャンバスに岩絵の具で描こうと思っているからである。もともと出身が油絵科であるためキャンバスで描きたい。けど、色彩に進んで岩絵の具の素材の柔軟性に触れ、これで描きたいという欲望に目覚める。金泥や金箔も貼れるし、光沢感も良い。

日本画の和紙をパネル張りも考えたが、もともとあのベニヤ板に紙という組み合わせが好きでない。単純にベニヤ板のザラザラがキライなのかもしれない。水張りテープもキライ。うまく扱えたためしがない。あとから剥がせないし、切り取ったらもう一度貼ることもできない。

決して広くない家で制作することを考えて、作品の保存方法にも悩んでいる。着物の保存方法は優れていると思う。日本家屋の構造からいって畳めないものはダメだ。

それで、麻布と木枠に膠を引き、胡粉とドウサで地を作っていこうと思っている。

  

|

« いろはる姉妹 | トップページ | キャンバス作り その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いろはる姉妹 | トップページ | キャンバス作り その2 »